荒天時の休校等の基準

1 気象警報発令時の対応

      

午前6時の時点で、

      
横浜・川崎地域(神奈川県東部または神奈川県全域も含めて)に、大雨・洪水・暴風・暴風雪・大雪のどれか1つの警報でも発令されている場合に、次の(ア)~(ウ)のいずれの対応にするかを、学校長が気象状況等による児童生徒の安全面を総合的に判断して決定し、緊急連絡Eメールまたは電話にて、連絡します。
     
(ア)休校にする
     
(イ)通常どおりの授業を行う
     
(ウ)登校時刻を遅らせる(高等部・生田東分教室・川崎北分教室)
  
補足しますと、(ウ)の登校時刻を遅らせる対応は、電車が止まっているなどの交通機関の乱れが大きい場合を想定しています。電車を利用して通学する生徒が多い高等部・生田東分教室・川崎北分教室が対象で、スクールバスを利用して通学する児童生徒が多い小学部及び中学部では、登校時刻を遅らせる対応はしません。

2 その他

  

 気象警報が発令されていなくても、気象状況や児童生徒の安全面等を総合的に判断して、休校にすることがあります。
 また、登校後に天候が急変し、通常の時刻に下校させることが危険と判断される場合には、下校時刻を早めて下校させることや、天候が回復するまで学校待機とすることがあります。
 このような対応をする場合には、緊急連絡Eメールまたは電話にて、連絡します。
 日頃から、通学時におけるお子さんの安全面への十分な配慮をお願いします。